日焼け対策、この日焼け止め

主な交通手段が自転車のため日焼け止めが欠かせません。

焼きたくない、シミを作りたくなくて日焼け止めを使用していますが、日焼け止めの白くなる感じや独特の臭いが苦手でなかなか自分に合った日焼け止めに出会えずにいました。

しかし、昨年やっとコレという日焼け止めを見つけました。

主に顔専用に使用しているコスメデコルテから出ている『サンシェルターAG』です。

顔回りに使用する日焼け止めは特に臭いが気になります。
このサンシェルターは全く臭いが気にならず、むしろさわやかないい匂いです。
乾燥肌の私には重要な保湿力にも優れており、既に4本目です。
価格も3,000円台とお手頃です。

以前は臭いとテクスチャーがどうしても嫌で極力日焼け止めを使用したくありませんでした。使用するのも6月末から9月中にしか使用していませんでした。

このサンシェルターは日焼け止めの嫌な部分が全くないので、下地の前に普段のスキンケアの一つとして年中使用できています。
これからもずっとお世話になりたい日焼け止めです。

ちふれ口コミ

電車のつり革に安心して掴まれるようになりたい

女性なら当たりまえですが、脇のムダ毛の処理はどうしても必要です。冬はまだしも、夏になれば半袖やノースリーブの洋服を着るようになります。その時に電車のつり革に掴まるのが気を使うのです。半袖を来ていても腕を上げるので袖から脇が見えてしまうのです。脇のムダ毛処理はちゃんとしていますが、カミソリで剃るという方法を取っていました。剃っても翌日にはもう毛が頭を出しています。ほとんど毎日のように剃るので、肌が傷んで黒ずんでもきます。最初に脇の黒ずみに気づいたのは、友達とプールへ行って着替えた時でした。脇のムダ毛は剃っておいたのですが、なんだか脇が茶色っぽい色をしていたのです。目が悪い私は家の中では気づかなかったのが、プールの脱衣所の光の中では、自分の脇の色素沈着がはっきりと見えました。それから気になって仕方がなくなり、エステで脇の脱毛をしてもらったのです。恥ずかしかったのですが、脱毛と同時に色素沈着も綺麗にしてもらいたいと思ってエステへ行きました。綺麗な脇になったら、電車のつり革にも平気で掴まれます。

半永久脱毛

恥ずかしい髭

なんだか年齢を重ねるごとに、徐々に顔の産毛が濃くなってきたような気がします。

一昔前は、顔の産毛はそんなに目立たないほうで、全体的にうっすらと生えている感じでした。ところが最近になって、朝の顔の洗顔の後、自分の顔をじっくり見てみると、なんと鼻の下にけっこう濃い目のムダ毛が生えていて、髭のようになっていたのです。

それは、私にとっては、なかなかショックな出来事でした。こんなに顔のムダ毛が濃くなるまで、気が付かなかったなんて、本当に女性として失格だと思いました。また、髭のようなムダ毛をどうどうと生やして、外を歩き回っていたなんて、すごく恥ずかしいと思い、顔が真っ赤になるほどでした。早急に、髭のようなムダ毛を脱毛したいと思いました。

早速私は、家の近所にある脱毛サロンに行き、ムダ毛の処理をしてもらいました。脱毛サロンで脱毛してくれた人には、3週間おきぐらいにサロンに来てムダ毛お処理するように言われました。